溶接後熱処理部門  焼鈍部

溶接後熱処理は、溶接部や溶接構造物に行う熱処理の一種で『PWHT』とも言われます。

また溶接後熱処理は、残留応力の緩和のほか、溶接熱影響部の軟化、溶接部延性の向上、水素の除去などの効果があります。

弊社は、誘導加熱、電気抵抗加熱、輻射加熱の3つの加熱方式を採用しています。

誘導加熱

電気抵抗加熱

輻射加熱

高周波誘導加熱装置

 

低周波誘導加熱装置

電磁誘導作用により被加熱物に電流を誘起する磁界を作り、被加熱物自体を加熱する方法。

交流電流によって被加熱物の表面付近に高密度の電流(渦電流)が発生し、そのジュール熱で被加熱物の表面を加熱する「直接加熱方式」により加熱します。

電気抵抗式加熱装置

被加熱物に発熱体を直接接触させて加熱する方法。

抵抗(ニクロム線)に電流を流し、そのジュール熱で発熱させた発熱体から被加熱物に熱を伝えて加熱する「間接抵抗加熱方式」により加熱します。

輻射加熱装置

被加熱物と発熱体は非接触で、遠赤外線域の波長の熱線を放射する方法。

赤外線ヒーターを様々な組み合わせで設置することにより大型の配管・容器などの熱処理に対応しています。

取得資格一覧

・電気工事施工管理技士(1級)

・電気工事士(1種)

・危険物取扱者(乙種4類)

Copyright(C) 2003 - 2016 KEIHIN Corporation. All Rights Reserved